ナマステ タナカ                                  

~俺にカリーを作らせろっ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

18/Dec/2012 Varanasi

今日はヒンドゥー教の聖地「バナラシ」に連れて行ってくれるとのこと。

アラハバードから東に100km程を車で4時間かけて移動。
(1時間に25kmしか進んでへんやん)

そんな車中で私は気づいた。
IMGP0953.jpg
インド男性の多くは髪型を①で分ける。           ①↑↑
髪の毛の長短はあれど、分け目はココ。
センター分けをしている人を見たことがない。

「なぜインド人は①で髪の毛を分けるのか」と聞くと、
「そんなの知らない」との回答。

そりゃそうやわな、多くの日本人がセンター分けしてるけどそんな理由俺知らんもん。

聞いた俺が悪かった、すまん

そんなかんやで着いたのがバラナシ。
IMG_1440.jpg

平日やというのにえらい人で賑わってますわ。
IMG_1450.jpg

それでは対岸に向けてレッツゴー!!
IMGP0968.jpg

キュートなインド人。
IMG_1477.jpg

そして祈りを捧げるインド人。
IMG_1467.jpg


腹芸を披露する日本人 in Varanasi
IMG_1483.jpg

母なるガンガー(ガンジス川)はすべてを浄化する。
その水はたった1滴であらゆる水を浄化し、ガンガーで沐浴すれば罪は洗い清められるという。
そして多くのインド人がここで身体を清める。
ならばインドの心を得る為にも、ここでナマステも身体を清めなければならない。

これは絶対である

ならば神聖な「ガヤトリー・マントラ」を唱えながら沐浴しよう。
オーム ブール ブワッ スワハ タット サヴィトゥール ワレーニャム 
バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒディヨー ヨーナ プラチョーダヤート

IMG_1487.jpg

ハイチーズ
IMG_1489.jpg
やってる場合か

おっさん寒いわ
IMG_1488.jpg

チュ~ン
IMG_1490.jpg
変な声出して飛んでもうたやないか



IMG_1498.jpg
あんたは男前でええなぁ~

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/01/19(土) 22:16:36|
  2. India
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

17/Dec/2012 the Ganges

近くにいいところがあるから行こうとのこと。

バイクニケツで1時間。

近いか?

インドはデカイ、きっと近い。

そして着いたのがサンガム。
IMG_1381.jpg

ガンジス川とヤムナー川の聖なる2つの川が交わるサンガムというところらしい。

IMG_1386.jpg

IMG_1387.jpg

IMG_1394.jpg
心を無にしてくれます。








帰りに寄ったショッピングモール。
IMG_1408.jpg

モデルごっこ!!
IMG_1411.jpg


ナマステ タナカ

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/01/12(土) 13:15:56|
  2. India
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

17/Dec/2012 Allahabad

IMG_0177.jpg
デリーから2時間でアラハバード空港に着きました。

ここは運動場か、ちゅうくらい小さな空港に着きました。
(セスナとヘリ専用の地元にある八尾空港の方が数倍でかい)

飛行機も50人乗り位の小さなやつ。
こんなんでほんまに飛ぶんかいって思ってたら、物凄い爆音を立てて一丁前に飛び立ちました。

振動が凄く、ネジの1つや2つ外れてもおかしくなさそうな感じ。
音もうるさく、隣の人と話すのにも大きな声やないと聞こえへんくらいでした。

そう、隣の方が日本人でした。
こんな50人しか乗らないインドの地方行きの飛行機で日本人に出会うとは奇遇なもんですねぇ。

話を聴けば、今から仕事でアラハバードに行かれるとのことでした。
3年前からデリーに駐在され、製造業の開発をされているとのこと。
前職で間接的に取引のある会社の方でしたので、業界の話で盛上がりました。

今後も日本のものづくりを宜しくお願いしま~す


そんなかんやで着いたのがこの空港。


あれっ、迎えの人がおらへん...

直ぐに客を探しているタクシーのおっさん10人に囲まれる。
嫌な感じや、デリーのうっとおしいタクシーの奴達を思い出し睨みを利かせる。

「タクシーはどうだ」

「ノー」


あれっ、ここの人たちデリーと違って全然威圧的やおまへんやん。

あっさり引いてくれますねぇ。

あんたたち悪い人ちゃいますやん、ごめんね。

そんな所にお迎えの車が来ました。

車で10分位で今回1つ目のホームステイ先ジャングラ家に到着しました。
IMG_1359.jpg
僕の隣が今回のホームステイについていろいろと段取りをしてくれたヨギッシュ、その隣がヨギッシュの母バブリー、その横2人がヨギッシュの伯父さん2人。

おでこの赤い点は、ヒンドゥー教で客を迎え入れる時の儀式で付けてもらったものです。

何か皆優しそうな人ばかり。
そして居心地もとてもいい。

ホンマにここインド?って感じ。

そうそう、左上にある盾とかトロフィーみたいなやつは全部ヨギがディベートとか数学で賞を取ったやつ。
彼はインド全土100人の学生に選ばれて、国のお金で日本に訪問したことがある超優秀な学生さん。

すんません、こんな普通のおっさんがお邪魔してしまいまして。

日本語やったらちょっとは教えれるで


お世話になりますが、どうぞ宜しくお願いします!!


ナマステ タナカ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/01/10(木) 22:44:31|
  2. India
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カテゴリ

インド (34)
ランチ (4)
カレーコンテスト (3)
未分類 (1)
予定 (5)
India (6)

最新コメント

リンク

プロフィール

ナマステ タナカ

Author:ナマステ タナカ
カレー好きが高じ、
いろんな人に自作カレーを食べてもらっています。

そんな時にいつも言われるのが
「本場の味ってこういうものなの?」

「インドに行ったことがないので分かりません。」
というのが私のいつもの回答。

ナマステタナカやのに、
本場の味を知らんのはまずいと感じ、
「それやったら本場の味を学んでこよう!!」
というのがインドに行きたいと思う
きっかけとなりました。

そんな矢先知合いのインド人から
「タナカサン、インドニイキマセンカ♪」
とのお誘いがあり、「行きます♪♪」と即答。

せっかく憧れの国【インド】に行けるんやったら、
何かに挑戦しようと思って始めたのが
このブログです。

どうぞ宜しくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。